失われた幻の染め物


加古川市のお隣高砂市。

播磨灘沿岸地域に工場が林立する工業都市。漁業や採石業も盛んであり、市内南部を中心に神社が多い。

山電高砂駅から南へ少し歩いたところにある、高砂銀座商店街。

その商店街の一角にある「高砂や」


「高砂染の再興」を掲げてスタートした、株式会社エモズティラボ様

今回クラウドファンディングで資金を集め、復刻された高砂染のお披露目会が4月28日29日と2日間開催されました。


今回復刻された高砂染の着物(男物)



ロゴデザインや名刺などでお手伝いさせていただき、28日に参加させていただきました。

京都の染め物屋さんにも、2日間同行させていただき、

長い布の上に、手作業で、一回ずつ型を置き糊をのせ、これを繰り返していく。





最後にはぴったりと柄が揃う。

間近で職人さんの丁寧な技術を拝見させていただきました。

色にもこだわり、何回もサンプル作られたそうです。


たくさんの色パッチ


平面で見ていた柄も着物となって実物をみると、さらに、繊細で立体感もあり、

松模様に吉祥紋が重ねられたデザインもとても素敵でした。

普段、接する機会が少ない分野でのお仕事で

とても素敵な、知識や経験をいただきました。

加古川市にも途絶えてしまった産業があるのかもしれません。

「高砂染」とは

江戸時代に姫路藩の特産品として作られていた幻の高級染物。

姫路藩の家老、河合寸翁が特産品として製造を奨励。

幕府や朝廷への献上品としても扱われていました。

昭和初期に途絶えたとされています。


高砂やで展示されている、現存の高砂染の着物(女物)

株式会社エモズティラボ

https://emoztlab.com/

高砂染

https://peraichi.com/landing_pages/view/takasagozome

神戸新聞の記事

https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201804/0011207455.shtml

https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201804/0011200735.shtml

毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20180428/ddl/k28/040/460000c

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記SNSも随時更新しておりますので、

フォローやいいね!よろしくお願いします!

■Facebook

facebook.com/andkakogawa/

■Twitter

http://twitter.com/andkakogawa

■Instagram

https://instagram.com/and_kakogawa

■オンラインショップ

https://andp.thebase.in

〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町45 加古川産業会館(JAビル)3F

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

andでは新店舗、新事業の方向性やコンセプト作りから、ブランディング、ロゴデザイン、

グラフィックデザイン、ウェブデザインなどのトータルのお仕事や新商品・既存商品の商品企画、企画立案など、

幅広いジャンルのお仕事をさせて頂いており、お客様の問題を解決する事を考えております。

何かお困りのことがありましたら、小さなことから大きなことまで、

下記CONTACTフォームからお気軽にお問い合わせください。

CONTACTフォーム

#加古川デザイン #and #andkkgw #加古川

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町621 加古川産業会館(JAビル)2F

©2017  and  All Rights Reserved.