PHILOSOPHY

「生産者と消費者、人と人、その間に必要なデザインを」

しっかりと「聴くコト」「知るコト」からデザインがはじまり

「デザイン」というたくさんの意味がある言葉から

その時々で、本当に必要なデザインはなんなのか

一緒に「考えるコト」「悩むコト」「楽しむコト」を忘れず

見えない想いを、見える形にして磨き、届ける

そんな想いで、日々取り組んでいます

聴く・知る
見えない部分

お困りごとの相談内容/事業の想いや魅力、強みなど情報を共有/あるべき姿/理念/ミッション/哲学/価値観 など

ヒアリング/リサーチ/情報を整理し方向性を確認/らしさの発見/コンセプト作りなど

伝わる
見える部分

コンセプトがより良く伝わるため、統一したブランドの世界観を見えるカタチへ

CI/VI/ロゴデザイン/グラフィックデザイン/パッケージデザイン/商品企画開発/ホームページ作成など

磨く・届ける
コツコツと継続し積み重ねから生まれる部分

完成して終わりではなく、定期的に様々な課題をブラッシュアップし、コツコツとブランドを磨き届けたい人達へ

また、自社内でデザイン力磨ける仕組みなども作っていきます。

デザインルールの作成/社内ツールなどの統一/情報発信/プロモーションの企画/コンテンツ追加/展示会などのブース作り/デザイン講座/イベント出店など

想いや価値を発見し、伝わるカタチに整え、届ける。

根っこの部分から聴き、知るコトを意識し、事業の想いや方向性、魅力や強みなどの情報を共有し、見えない想いを見える統一したカタチへ整えます。

ブランディングを軸に、「聴くコト」「知るコト」からデザインが始まり、コンセプトの立案、CI/VI、ロゴやブランドロゴ、グラフィックデザイン、商品企画、パッケージデザイン、ホームページ、広報、PRなどのブランドづくりを通し、播磨地域の中小企業や事業の成長をデザインの力でお手伝いしています。

物語を創り続けるワクワクするデザインを、

記憶に残るデザインを、一緒につくっていきましょう。